住設ドットコムのスタッフブログです。不定期更新!!

スタッフブログ「感動」

投稿日

月別に探す

永野設備工業工事部施工例集

永野設備工業では、増改築や各種リフォーム工事も承っております。

スタッフブログ「感動」

アベンジャーズ・エンドゲーム

2019年5月14日更新

1+

こんにちは、Web班の西田です。

長期のゴールデンウィークも明け、1週間が経過しましたね。

連休明けは休み気分もなかなか抜けきれないままバタバタしていた感もありましたが、ようやく色々と落ち着いてきたような気がしています。

さて、今日はこの長期休暇中に僕が観に行った映画「アベンジャーズ・エンドゲーム」の概要と感想をネタバレ一切なしで書きたいと思います。

この映画は前作「アベンジャーズ・インフィニティーウォー」の続編となっています。

3時間という長丁場の映画でしたが全く気にならず、むしろ終始展開が面白く一瞬で時間が過ぎたような感覚でした。

今作の世間の注目度と面白さは興行収入が物語っており、現時点で世界歴代2位という驚異的な数字をたたき出しております。

とても面白い映画だったのでぜひ皆様ご自身で観て頂きたいと思います。

絶対にネタバレをしないよう、一切映画の内容には触れませんが、色々な意味でこれまでのシリーズの集大成といえる作品であったと思います。

序盤はある意味予想外ともいえる展開から始まり、ここからどう話が進んでいくのか終始わくわくさせられました。

そこから各キャラクター達が何を考えてどのような動機で行動し、その結果物語が動いていくという部分も、かなり丁寧に映画の中で映像として説明されていてとてもよかったです。

キャラクターも多いので一人ひとり掘り下げていては時間がいくらあっても足りないところですが、そこはシリーズ映画ということで、これまでのシリーズを観れば各キャラクターの性格や背景がよくわかるかと思います。

もちろんこの映画だけを見てもちゃんとある程度話が分かるようになっているので安心です。

中盤は話が進むにつれ目的が明確になり、それを達成するために緊張感のある展開が続くのですが、ところどころコメディも差し込みながらまったくだれることなく見ることができました。

今回の映画では中盤以降にタイムパラドックスにかかわるエピソードも登場しており、このあたりは内容をちゃんと理解できているかは個人的にあまり自信がありません。

また、ちょっと個人的にその話の絡みで謎が残った部分もあるのですが、おそらくその部分は特に大筋に問題ある部分ではなさそうなので特にここでは書かないでおきたいと思います。

余談ですが、かなり長い映画なので途中でトイレに行きたくなることもあるかもしれませんが、もし行きたくなりそうな予兆を感じたら、迷わず中盤あたりのまだ話が落ち着いている段階で行くのがおすすめです。
我慢し続けて終盤になってしまうと、もういよいよ行くタイミングが本当になくなってしまうので、最後まで耐えるしかなくなります。

そして大詰めである終盤ではもうずっと戦闘シーンといった感じなのですが、ここがまさにシリーズ全ての集大成といった最高のシーンだったと思います。

ざっくりとした個人的な感想だけで映画の内容な面白さについて全く伝えられていませんが、もうこの映画を一言でいうと控えめに言って最高というほかありませんでした。

アマゾンプライムでアベンジャーズ・エンドゲームが出たら、また前作インフィニティーウォーと合わせて今度は連続で見たいと思います。

スタッフ紹介

  • スタッフ
  • 小幡康雄
  • 久禮曜子
  • 山下素孝
  • 西田勇輝
  • 田辺恵美
  • 新家尚
  • 平田和久
  • 荒木知加子
  • 吉岡大志
  • 中道奈美
  • 関和馬
  • 蔵満真弓
  • 上芝尚子
  • 清水靖子
  • 上田朋子
  • 弓場あゆみ
  • 出口輝美
  • 松井洋子
  • 関本恭代
HOME
Copyright (C) 2003- naganosetsubikougyou. All Rights Reserved.